太陽光発電の投資とは

太陽光発電で投資をしよう!

太陽光発電といえば自然エネルギーを利用した環境に優しい発電システムという印象が強いですが、現在ではもうひとつの面が注目されています。それが太陽光発電の投資です。つまり、利益を出すために太陽光発電を導入するという考え方です。

 

太陽光発電の導入にはコストがかかるため、投資のために設置すると言われてもピンと来ない人も多いでしょう。ポイントは売電制度です。事業用太陽光発電の場合、20年間の買取期間が設定されているため、長期間にわたって売電による収益を得ることができるのです。一般的な太陽光発電の利回りは10〜15%となっていて初期投資は10年未満で回収できる計算になります。

 

現在の事業用太陽光発電システムは売電や補助金制度などによるメリットで7〜8年程度での回収が可能となっています。つまり、初期投資を7〜8年の利回りで回収できれば残りの12〜13年の間は売電によって得られたお金がそのまま利益になるわけです。この売電制度に関してはこれまでいかに多額の費用がかかる初期投資をうまく回収するかという面で注目されていましたが、現在ではさらに一歩進んで利益を出すための投資の選択肢として注目を集めているのです。

 

このように、環境面だけでなく投資の観点から見ても事業用太陽光発電は魅力的な選択肢といえます。ただ、事前の収支計画のシミュレーションは理想に走りすぎている面もあります。20年という長期的なスパンで行う投資ですから、装置の劣化や故障、あるいは売電制度の変化などの変動リスクも考慮に入れたうえで検討することが不可欠です。この点は他の投資と変わりなく、絶対に儲かるわけではないことを把握したうえで適切なシステムを選ぶことが求められます。