事業用太陽光発電は店舗?空き地?どこに設置する?

店舗への設置、空き地への設置を考える

事業用太陽光発電システムはどこに設置すればよいのでしょうか。多くの電力を発電するためには大規模なシステムが必要となりますし、大きなパネルを設置するとなるとそれなりのスペースが求められます。店舗に設置してよいのか、あるいは空き地など専用のスペースを用意するべきなのでしょうか。

 

店舗への設置について

基本的には店舗などの建物の屋上に設置する形となります。太陽光システムはできるだけ高い位置に設置することが重要だからです。空き地の場合、よほど広いスペースがあり、周囲に遮蔽物がないことが条件になりますから、周辺環境をよく考慮したうえでの選択が必要です。もちろん、十分なスペースが確保できる場合、たとえば屋内駐車場などを擁している場合にはその屋上に取り付けるという選択肢もあります。売電による利回り目的での導入においては、空き地はスペースの有効利用の見地からもよい選択肢といえます。

 

店舗に設置するとなると今度は設置方法やパネルの種類が問題となります。ビルの屋上がもっとも理想的な設置場所といえそうですが、実際には強風や積雪など天候の影響を受けやすいため、強度に優れたパネルや工法が求められます。一般の店舗の場合は屋上がパネルを取り付けられる環境にあるか、またオフィス街にある場合には周囲の高いビルによって日光が遮蔽されたりしないかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。

 

店舗の場合、どうしても建物が密集したエリアに設置することになりますから、設置場所は入念に検討する必要があります。設置が適しているかどうか、業者とよく相談して慎重に判断するべきでしょう。発電量の多い少ないというのは何年で初期費用を回収できるか、という利回りに関係してきますので。

 

空き地への設置について

空き地の場合は地方の土地を買うか借りるかして設置するようになります。普段はアクセスしないような土地の利活用になりますので、事前にその土地柄について調査しておくことが必須です。設置して問題ない土地なのか、そのエリアの電力会社は電気の買取を行っているのか、土地が北向きになっていないか、傾斜はどれぐらいなのか、近々他の建物が立つ予定がないか、です。

 

近年、こういった地方の土地にたいして事業用太陽光発電を設置しませんか、という提案営業を行っている業者があります。こういった業者の提案にのって投資して失敗している事業者が多いので気をつけないといけないと思います。広大な土地を先に購入してしまって、結果的にパネルの設置ができないことが後で判明したという企業もあり問題になったりもしています。気をつけてください。