事業用太陽光発電を導入するメリット

様々なメリットを教授するには早めの設置が必須

事業用太陽光発電にはどのようなメリットがあるのか、導入を検討する際のポイントになりそうなところを挙げていきましょう。

 

まず経済面におけるメリット。事業用の場合、発電した分をすべて売電できる全量買取制度が導入されています。その分多くの電力を売却できるため高い利回りが期待できるのです。しかも買取期間は20年と住宅用の倍の期間となります。

 

それから補助金制度と税制上の優遇措置。一定の条件を満たせば国や自治体から補助金を受け取れるほか、税制上の優遇措置を受けることができます。設備の導入にかかった費用が控除されたり、固定資産税が3年の間3分の2に減額されたりするなどの恩恵が受けられます。節税目的での設置をする事業者がこの数年増加しています。

 

工場など広い土地を所有している事業所ならその土地を有効利用して設備を設置することもできます。先に挙げたように、発電量をすべて売却することができるため、純粋に売電のために設備を導入するという選択肢もあるわけです。

 

環境問題への関心が高まっている中、イメージアップに役立てられる面もあります。自然エネルギーの普及、積極活用を推進している企業としてのイメージを強調することができます。

 

それと実用的なメリットとしては停電など万一の時が起こった際の非常用電源として使用できる点、ビルの屋上に大規模なパネルを設置することで夏場の建物内の温度の上昇を防ぐ効果も挙げておくべきでしょう。こうしたメリットを考慮した上で総合的な視点から事業用太陽光発電装置の導入を検討していきましょう。